有酸素運動の効果的なやり方【オンラインヨガにも役立つ】

有酸素運動の効果的なやり方【オンラインヨガにも役立つ】 オンラインヨガの効果

オンラインヨガって有酸素運動なのよね。有酸素運動する時間帯はいつが効果的なのかしら?1回あたり何分ぐらいやれば効果的なの?週に何回ぐらいやれば効果的なのか教えて欲しい。

この記事では、このような悩みに答えます。

結論から言うと、

オンラインヨガも基本的には有酸素運動です。有酸素運動を効果的に行うには、理想的な時間帯があり、1回あたりの時間にも注意が必要。

 

おすすめのオンラインヨガや選び方をサクッと知りたい方はこちら

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

有酸素運動に効果的な時間帯はあるのか?

有酸素運動に効果的な時間帯はあるのか?

有酸素運動に効果的な時間帯はあるのか?いつやればいいのか見ていきましょう。

有酸素運動は早朝にやっている人を見かける

有酸素運動は早朝にやっている人を見かける

早朝にランニングしている人をイメージすると、有酸素運動は朝がおすすめなのか?と思うかもしれません。

ですが、早朝や起きてすぐは、あまりオススメできません。

まず、朝起きてすぐに頑張って運動すると体に余計な負担をかけてしまう可能性があります。

また、冬場でも朝早くに起きて毎日継続するのは、運動以前にそれに挫折する可能性も。

・早朝にしか時間がとれない

・夜仕事をやっていて、朝が良い時間帯である

・朝起きるのが得意で目覚めもよく、個人的に合っている

このような方には早朝の有酸素運動が向いていますが、体に負担をかけすぎないよう注意が必要です。

有酸素運動は食事の前後はどちらが効果的なのか

有酸素運動は食事の前後はどちらが効果的なのか

空腹時は血糖値が下がっているので、おすすめできません。

最悪の場合、めまいなどがして体調をくずしてしまう恐れもあります。

有酸素運動を行う時間帯は食事をしてから、おおよそ1~2時間後がおすすめ。

この時間帯は血糖値が上昇しているので、有酸素運動で血糖値や中性脂肪を抑えることが期待できます。

結論、有酸素運動が効果的な時間帯はいつなのか

結論、有酸素運動が効果的な時間帯はいつなのか

朝昼夜や食事の前後、シャワーの前後、睡眠前後など、いつがいいのかの基準はたくさんあります。

ですが、あまりいろいろ気にしすぎていると、「やる時間帯がとれない」となってしまいます。

簡単に言うと、なるべく食事の後であなたの都合がよい時間帯がベスト

・午前中に家事の多くをやる主婦の方は、昼食後~夕方までの間で都合のいい時間

・短時間労働・在宅ワークなどの方は朝食・昼食から1~2時間後の都合の良い方

・昼間会社でフルタイム働いている方は夕食から1~2時間後

・早朝しか時間がとれない方はアメなど糖を少しでも食べて準備運動してから

無理なく、なるべく効果的な時間帯で「やること」が大事です。

多少時間帯が悪くなったりしても、やらないよりかははるかに良い

ただ、早朝や空腹時・激しめなど体に無理をさせすぎないようにして下さい。

 

有酸素運動は何分ぐらいやれば効果的なのか?

有酸素運動は何分ぐらいやれば効果的なのか?

有酸素運動でよく言われているのは、運動開始後20分頃から脂肪を効率よく燃焼すると言われています。

もちろん、体質や運動メニュー・運動の強度などによって個人差は有るもの。

また、「20分頃から脂肪を効率よく燃焼できる」であって、20分以内でもやらないより効果はあります

ちなみに、長時間にわたって有酸素運動すれば痩せるかというと、そうではありません。

長時間の有酸素運動は、特に筋トレなどの筋肥大効果が下がると言われています。

また、おおよそ1時間を超えると、体が脂肪を蓄えようとするとも言われています。

なので、有酸素運動は最低10分以上・目安は30分・長くても1時間以内になるようにしましょう。

・運動になれてない場合は、10分以上から少しづつ時間を伸ばしていく。

・運動に慣れてきた人は、30分を目標に有酸素運動をする。

・運動の負荷が低く感じ始めた人でも、1時間以内を目標に有酸素運動をする。

運動に体が慣れてくると、負荷が低く感じてきます。

その時に時間を長くするのではなく、運動の負荷で調整するようにするのがポイント。

 

有酸素運動は週何日ぐらいやればいいのか?

有酸素運動は週何日ぐらいやればいいのか?

筋トレでは、筋肉を効率的に増やすためには、毎日しない方がいいと言われています。

では、有酸素運動は週何回やればいいのか?について見ていきます。

何分ぐらいやればいいのかと似たところがあるのですが、結論から言うと個人差があります

まず、あなたがどんなペースなら続けられるか?が大事になってきます。

平日に有酸素運動して、週末は遊びや用事などに使いたい。

このような方は、平日に毎日するか月・水・金にやるでもOKです。

休みの日を作ると、ついついやらないといけない日も休んでしまいそう。

毎日決まった時間に有酸素運動をする習慣をつけたい。

このような方は毎日でいいのですが、1回の時間や負荷の強度は低めに設定しましょう。

平日は帰るのも遅いし、疲れているから土日で運動するようにしたい。

このような方は、土日に有酸素運動をするでOKです。

この様に、あなたが継続できるペースを設定することが大事になってきます。

 

ペースを設定したら、「何分ぐらいやればいいのか」を参考に時間や負荷の強度を決めて下さい

ちなみによく言われていることを紹介します。

・有酸素運動は低強度なので短時間なら毎日行っても大丈夫

・2~3日に1回で、体を休めながら継続しましょう。

・毎日と決めてしまわない方が続けやすい。

・筋肉を酷使するような強度で毎日行うと逆効果

・最も有効な頻度は週3回で、それなら休んでいる日も代謝の高い状態が続く。

・身長と体重のバランスで体重が多い方は、慣れるまで毎日は避けましょう。

・毎日やりましょう。休みぐせがついて継続しない場合があります。

 

繰り返しになりますが、あなたが継続できそうなペースを設定する。

そのペースに合わせて、1回あたりの時間や運動の強度を設定することが大事です。

土日しかできないからといって1回あたりをハードにすると、ケガや体調不良の恐れがあります

無理のない設定を心掛けて下さい

 

まとめ

有酸素運動を効果的に行うための時間帯や回数・時間をみてきました。

・なるべく食後で都合のよい時間帯

・目安は1回30分、長くても1時間以内

・筋トレと違い毎日でも大丈夫ですが、あなたが続けられる回数

このような効果的なやり方を意識しつつ、一番は無理なく継続することが大事です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました