【イオンカードセレクトがおすすめ】WAONへのチャージが最高にお得

【イオンカードセレクトがおすすめ】WAONへのチャージが最高にお得 オンラインヨガの始め方

イオンカードセレクト

この記事を読めば、イオンカードセレクトがどんなカードなのか分かります。

また、お得な使い方はもちろん、デメリットや注意点も解説。

さらに、イオンカードセレクトの口コミや作り方まで紹介していきます。

このカードを知りたい方から作るか迷っている方・作りたい方まで、役に立つ情報を発信。

結論はイオンでお買い物する方には非常におすすめ!脅威的な還元率のカードです。

それでは、さっそく見ていきましょう。

イオンカードセレクトの基本情報

まずは、イオンカードセレクトの信頼度・年会費や還元率などの基本情報を見ていきます。

イオンカードセレクトって安心できるカード?

イオンカードの種類とイオンカードセレクト

イオンカードはイオンクレジットサービス(株)が運営しています。

会社の信用度や知名度は言わずと知れた安心のイオングループですね。

イオンカードは本当にいろいろなカードがラインナップされていて下記はほんの一例です。

イオンカードセレクト

イオンカード

イオンJMBカード

イオン E-NEXCO pass カード

イオンカード(SKE48)

イオンSuica

公式ページで確認すると50種類以上のカードがあり、どれがいいのか迷ってしまいます。

そのなかで、特にイオンでお得にお買い物できるイオンカードは、イオンカードセレクトです。

特徴を簡単に紹介

イオンカードセレクトの特徴を簡単に紹介

キャッシュカードとクレジットカード、電子マネーWAONがまとまったカード。

・ATMから預金を引き出したりキャッシュカードとして使える

・お買い物でクレジットカードとして使える

・電子マネーWAONが使えるお店では電子マネーWAONとして使える

これがたった1枚のカードで全てできてしまう便利なカードです。

カードデザインの紹介

イオンカードセレクトのデザイン紹介

イオンカードセレクトには4つのカードデザインが用意されています。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト(トイ・ストーリー)

イオンカードセレクト(ミッキーマウス)

イオンカードセレクト(ミニオンズ)

この4つのなかでミニオンズのデザインカードだけのメリット・デメリットがあります。

メリット.イオンシネマの映画料金がいつでも1,000円

イオンシネマで映画をよく見る方には嬉しい特典です。

デメリット.無料でゴールドカードを持てる特典がない

他のデザインは年会費無料でゴールドカードを持てますが、このデザインだけゴールドカードがありません。

カードデザインの注意点

イオンカードセレクトのデザインの注意点

トイ・ストーリーとミッキーマウスのデザインカードはブランドがJCBしか選べません。

ミニオンズのデザインはブランドがマスターカードしか選べません。

・私の実体験で、楽天カードでJCBブランドを使っていた時に2つのわずらわしさを感じました。

1.ある店舗で支払いにカードを出したとき、JCBは使えませんと言われた。

2.ゴールドカード切り替え時に、JCBだけは一度解約して(使えない期間が発生)申し込んで下さいと言われた。

・VISAは言わずと知れた加盟店数や世界シェアNo.1ですが、Apple Pay(アップルペイ)との相性が良くない。

・個人的にはマスターカードは不便を感じたことがありません。

好きなブランドには個人差があり、ブランドを自由に選べるのは通常デザインのイオンカードセレクトのみ。

ちなみに、初めてクレジットカードをもつなら、ブランドはVISAかマスターカードを選ぶのがおすすめです。

カードデザインはどれがオススメか

イオンカードセレクトのデザインはどれがオススメか

今まで実際にイオンシネマで映画をよく見ていた方ならミニオンズデザインがお得です。

どうしてもディズニーがいい方はディズニーデザインでよいと思います。

私のおすすめは、ゴールドカードの可能性ももった通常デザインのイオンカードセレクト。

なぜ通常デザインかというとディズニーデザインはブランドがJCBしか選べないからです。

ゴールドカードになれば、さらにゴールドカードだけの補償・特典も用意されています。

イオンカードセレクトの基本的なスペック紹介

イオンカードセレクトの基本的なスペック紹介

それでは、イオンカードセレクトの基本的なスペックをまとめて紹介します。

・年会費と発行手数料は無料で安心して発行することができる

・家族カードも年会費無料で3枚まで発行するこができる

・ETCカードも年会費・発行手数料無料で1枚発行することができる

・カード利用金額に応じて通常200円毎に1ポイント「ときめきポイント」が貯まる

・貯まったポイントは様々な商品や電子マネーWAONポイントなどと交換できる

・電子マネーWAON払いで通常200円ごとに1ポイント「電子マネーWAONポイント」が貯まる

・現金払いの時に提示して通常200円ごとに1ポイント「WAON POINT」が貯まる

・イオンシネマの映画チケットをカードで購入すれば300円オフ(同伴者1名も対象)

・イオンシネマの映画チケットが毎月20日・30日は700円オフ(本人のみ対象)

・ショッピング補償最高50万円(購入から180日まで)

その他にも給与受け取りや光熱費の口座振替でポイントがもらえるなど、いろいろな特典があります。

イオンカードセレクトならではのメリットやお得な使い方

イオンカードセレクトはナゼおすすめなのか

イオンカードセレクトの基本スペックを紹介してきました。

クレジットカードの還元率に詳しい方ならお気付きかもしれませんが、先にはっきり言います。

イオンカードセレクトは、普段使いのメインカードには向いていません。

このカードは還元率が基本0.5%なのがネック、今どき他社のカードは還元率1%が多くある時代です。

※還元率を簡単に説明するとお買い物100円あたり何円還元されるかの指標です。

例えば、人気の楽天カードは基本100円で1ポイント(1ポイント=1円で使える)還元率1%です。

イオンカードセレクトは基本200円で1ポイント(1ポイント=1円で使える)還元率0.5%です。

ですが、イオンカードセレクトは次の様なメリットがあります。

・電子マネーWAONにオートチャージ設定して高還元率

・イオン系列対象店舗でお得なサービスが受けられる

・イオン銀行ATMでの入出金手数料0円

・イオン銀行での金利や他行宛振込手数料がお得

・カード利用状況次第では年会費無料のゴールドカードが持てる

電子マネーWAONにオートチャージ設定して高還元率

イオンカードセレクトのお得な使い方(基本)

1.オートチャージだけでも電子マネーWAONポイントがもらえる

事前にオートチャージの設定をしておけば、オートチャージ200円ごとに実質1WAONポイントもらえます。

2.イオングループ対象店舗で電子マネーWAONで支払いすると200円(税込)ごとに2WAONポイント

イオングループの対象店舗ならポイントが通常の2倍もらえます。

上記の1と2を組み合わせれば、いつでも200円ごとに実質3WAONポイントもらえる。

イオン系列対象店舗でお得なサービスが受けられる

イーオンカードセレクトのお得な使い方(さらにお得)

オートチャージ設定だけでも還元率は1.5%ですが、さらにお得な使い方があります。

イオン、マックスバリュー、ダイエー、ザ・ビッグなどでお得なサービスが受けられます。

※お近くの店舗が対象かは公式ページで調べられます。

毎月10日はありが10デーで買い物する

毎月10日は対象店舗でWAONのお支払い200円ごとに、電子マネーWAONポイントが5倍。

具体的には、毎月10日はお買い物200円ごとに2.5WAONポイントもらえます。

※この日は対象店舗でポイント2倍は対象外になり、ポイント5倍が適用されます。

オートチャージ分を合わせると、200円ごとに実質3.5WAONポイント(還元率1.75%)。

さらに、この日にイオンカードセレクトでイオンシネマチケットを購入すると700円割引き。

お客様感謝デーで買い物する

毎月20日・30日は対象店舗でWAONのお支払いで5%OFF。

こちらに至っては、なかなかないレベルの高還元率です。

ボーナスポイントプレゼント

対象店舗で対象商品を購入すると通常のWAONポイントに加え、さらにポイントがもらえる。

例えば500円の商品でボーナスポイント50ポイントが設定されている商品を購入した場合、WAONで支払い200円ごとに〇〇ポイントに加えて50ポイントがもらえます。

イオン銀行ATMでの入出金手数料0円

イオン銀行ATMでの入出金手数料が24時間365日無料で使える。

イオン銀行ATMはイオンやダイエー・ミニストップなどに設置されています。

普段の買い物ついでに、お金の引き出しなども無料。

提携銀行でもある、みずほ銀行ATM・ゆうちょ・三菱UFJ銀行でも時間帯は決まっていますが無料で使えます。

イオン銀行での金利や他行宛振込手数料がお得

イオン銀行では利用状況に応じて、ステージと言うランクのようなものがあります。

ステージに応じて、普通預金金利が最大0.1%。

また、ステージに応じてに応じて他行宛振込手数料が最大5回まで無料になります。

メガバンク・大手ネット銀行などの多くが金利0.002%の時代、金利0.1%は優秀です。

カード利用状況次第では年会費無料のゴールドカードが持てる

このゴールドカードをもっていれば、イオンラウンジを使ってドリンクサービスなどが受けられます。

同伴3名まで無料で、1日1回30分までの目安はりますが、日々のお買い物などで利用できます。

ゴールドカードなら、国内旅行傷害保険最大3000万円も無料で付帯。

もちろんよくある空港ラウンジ利用無料などもついています。

イオンカードセレクトの注意点やデメリット

イオンカードセレクトのデメリット

イオンカードセレクトの注意点やデメリットについても書いておきます。

・引き落とし口座に注意

・ポイント制度がわかりにくい

・旅行傷害保険の付帯がなし

・カードが使えるようになるまでに時間が掛かる

引き落とし口座に注意

イオンカードセレクトのカード利用金額の引き落とし口座はイオン銀行しか使えない。

給料の受け取り口座がイオン銀行でない場合、引き落とし日までにイオン銀行にお金を用意する必要があります。

ですが、イオン銀行には手数料無料の定額自動入金サービスも用意されています。

また、給料の受け取り口座をイオン銀行にかえても問題ない方は全くデメリットになりません。

イオン銀行は金利やATM手数料もお得で、お買い物ついでにATMも使えて逆に便利になる可能性もあります。

ポイント制度がわかりにくい

ときめきポイント・WAONポイント・WAON POINTの3種類もあってわかりにくいです。

ただ、今回この記事を読んでいる方はイオンでお買い物する方がメインだと思います。

電子マネーWAONポイントがメインになりますので、そこをわかってもらえば問題ありません。

ちなみにイオン系列店以外では還元率が低いので、イオン専用のWAONカードとして使えばOKです。

旅行傷害保険の付帯がなし

よくクレジットカードには、ショッピング補償以外に旅行傷害保険が付帯されているのもがあります。

それに比べるとイオンカードセレクトには付帯していないので一見デメリットのように感じます。

しかし、これもイオン専用のWAONカードとして使う分には何も問題ありません。

旅行の代金は基本還元率の高い、旅行傷害保険が付帯されているカードで支払いをすればOKです。

カードが使えるようになるまでに時間が掛かる

これは解決方法がありません。イオンカードセレクトは引き落とし口座がイオン銀行でなければなりません。

イオン口座を持っていない方が申し込む場合、イオン銀行口座開設やカード発行で最大1ヶ月ほど掛かります。

大手銀行の金利は0.002%ですが、イオン銀行の金利は0.1%つきます。

また、イオン銀行ATM手数料は365日24時間利用可能で、買い物ついでに入出金できたり便利です。

使えるまでの期間は掛かってしまいますが、イオン銀行自体は非常に良い銀行だと思います。

また、イオンカードセレクトもイオン専用の電子マネーWAONカードとして使う分には最もお得です。

まとめ

イオンカードセレクトまとめ

イオンカードセレクトは年会費も掛からず、持っていて損はないカード。

特にイオンでお買い物される方には絶対オススメのカードです。

クレジットカードならではの特典で、現金ポイントカードや電子マネー単体よりもお得。

イオン銀行が近くにあると、さらに便利。

まくまでもイオンで最高にお得度を発揮するカードです。普段のメインカードにはなりにくい。

素敵なポイントライフを楽しんで、浮いたお金は家族の幸せや自分の成長のために役立てて下さい。

 

カード発行の申し込みは下記の公式リンクより可能。今ならお得なポイントプレゼントもあります。

<カード発行手数料・年会費無料>

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました