オンラインヨガ選ぶ時にヨガインストラクターの資格を知っておきたい

オンラインヨガ選ぶ時にヨガインストラクターの資格を知っておきたい オンラインヨガの始め方

オンラインヨガをどこで始めるか選ぶ時に、どんなインストラクターがいるのか見ると、どこも厳選された人気の…的な表現でよくわからない。インストラクターのレベルがわかるヨガ資格はあるのかな?

この記事では、このような悩みに答えます。

結論から言うと、

特定の資格をもっていないとヨガインストラクターと名乗ってはいけないということはありませんし、一貫してレベルがつかめる資格もありません。ですが、基準となる資格はあります。

 

おすすめのオンラインヨガや選び方をサクッと知りたい方はこちら

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

ヨガインストラクターの国家資格はあるのか?

ヨガインストラクターの国家資格はあるのか?

日本には国家試験があり、特定の資格取得者でないとその肩書きを名乗ることができない資格があります。

また、国家資格を持っていないと、その業務に携わることすら禁止されている資格もあります。

例えば医師免許や自動車運転免許は、無資免許者がその行為に携わると法律違反です。

ちなみに、国家資格のなかにヨガインストラクターやヨガ関連の資格はありません。

つまり、明日からあなたもヨガインストラクターと名乗り教えることは法律上は問題ありません。

国家資格以外でヨガインストラクターの資格はあるのか?

国家資格以外でヨガインストラクターの資格はあるのか?

国家資格でなければヨガ関係の資格はあり、海外でもヨガ関係の資格があります。

海外のヨガ資格

・全米ヨガアライアンス

・インド中央政府公認のヨガインストラクター資格

国内ヨガ団体で発行しているヨガ資格の一例

・NPO法人 日本YOGA連盟のヨガインストラクター資格

・一般社団法人 全日本ヨガ協会(AJAY)のヨガインストラクター資格

・社団法人 日本ヨガインストラクター協会(JYIE)のヨガインストラクター資格

・国際ボディメンテナンス協会(IBMA)のヨガインストラクター資格

通信教育で取得できるヨガ資格の一例

・日本能力開発推進協会(JADP)のヨガインストラクター資格

その他にもヨガに関する資格はたくさんあります。

ヨガインストラクターの資格で信頼性の高い資格はどれ?

ヨガインストラクターの資格で信頼性の高い資格はどれ?

ヨガインストラクターの採用基準をみると、資格の信頼性が見えてきます。

国内でのヨガの認知度や人気の上昇とともに、インストラクターの採用基準も厳しくなっています。

現在、ヨガインストラクターになりたい人が資格取得を目指すのは、全米ヨガアライアンスです。

全米ヨガアライアンスは、世界各国に9万人以上の会員がいる世界最大のヨガ資格認定団体

そこの発行している資格が「RYT200」、「RYT500」などです。

インストラクターになりたいと思ったとき、通信教育で得られる資格は、あまり有効に働きません。

国内団体が発行するヨガインストラクター資格は、その団体が参画するスクールでは有効。

RYT200なら、比較的どこでも有効性が高く、RYT200を持っていないと面接を受けられないことも。

まとめ

ヨガインストラクター資格について見てきました。

国内で公なヨガ関連の資格はありませんが、RYT200が基準となりつつあります。

また、ライブレッスンやパーソナルレッスンでは相性も大事です。

RYT200の資格を持った、多くのインストラクターがいるところを選んでおくと良いです。

信頼できて、相性の良いインストラクターを見つけられると、楽しくなりそうですね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました