【オンラインヨガのクレジットカード払いに使える】おすすめカード一覧

【オンラインヨガのクレジットカード払いに使える】おすすめカード一覧 オンラインヨガの始め方

オンラインヨガの支払い方法はクレジットカードがほとんど。クレジットカードが必要だから、おすすめのカードを教えて欲しい。今使っているクレジットカードは本当にお得なのかな?そうでなければ乗り換えを検討したい。

 

この記事では、このような悩みに答えます。

 

結論からいうと、クレジットカード選びは3つのポイントをチェックするとお得なカードが選べます。

1.年会費や基本還元率・選べる国際ブランドや追加できるカードなど、基本情報をチェックする。

2.特定の店舗や特定の支払い方法で還元率UP・映画割引など、そのカードのメリットを知る。

3.特定の店舗以外では他のカードの方がお得など、そのカードのデメリットを知る。

上記の3点を分かりやすく紹介していきますので、あなたの生活圏にあったものを選べばOKです。

  1. おすすめのクレジットカード紹介
    1. イオンカードセレクトの基本情報
    2. イオンカードセレクトのメリット
    3. イオンカードセレクトのデメリット
    4. イオンカードセレクトのまとめ
    5. 三井住友カード(NL)ナンバーレスの基本情報
    6. 三井住友カード(NL)ナンバーレスのメリット
    7. 三井住友カード(NL)ナンバーレスのデメリット
    8. 三井住友カード(NL)ナンバーレスのまとめ
    9. エポスカードの基本情報
    10. エポスカードのメリット
    11. エポスカードのデメリット
    12. エポスカードのまとめ
  2. クレジットカードに関するQ&A
    1. Q:初心者におすすめなクレジットカードはどんなカード?
      1. 年会費無料のカードがおすすめ
      2. ショッピングや国内外旅行の補償よりも還元率の高いカードがおすすめ
    2. Q:クレジットカードを作るのにお金は掛かりますか?
    3. Q:クレジットカードの作り方は?
    4. Q:クレジットカードの国際ブランドはどれを選んだらいいの?
    5. Q:ETCカードや家族カードなど追加カードってなに?
    6. Q:だれでも作れるの?
    7. Q:クレジットカードを一気にたくさん申し込んで大丈夫?
    8. Q:誰でも間違いなく最高にお得な1枚はないのか?
    9. Q:クレジットカードは何枚ぐらい持っておけばよい?
    10. Q:クレジットカードのキャッシングって便利なの?
    11. Q:リボ払いっておすすめ?
    12. Q:クレジットカードの支払いを滞納したらどうなる?
    13. Q:クレジットカードの不正利用を防ぐには&トラブルがあったら
    14. Q&Aのまとめ
  3. まとめ

おすすめのクレジットカード紹介

それでは、さっそく2021年最新のおすすめクレジットカードをみていきましょう。

イオンカードセレクトの基本情報

イオンカードセレクト

・発行手数料:無料で作れる

・年会費:永年無料で安心して持っていられる

・申し込み対象:高校生を除く18歳以上

・国際ブランド:VISA・MasterCard・JCB

・カード利用金額に応じて通常200円ごとにときめきポイントが1ポイント貯まる

・基本還元率:0.5%(1ポイント=1円相当)

・貯まったポイントは様々な商品や他社ポイントと交換など多彩な使い方がある

・ポイント有効期限:最大2年

・家族カード:発行手数料&年会費無料で3枚まで発行できる

・ETCカード:発行手数料&年会費無料で1枚発行できる

・決済方法:クレジット決済、WAON、各国際ブランドのタッチ決済など

・ショッピング保険:無料で破損・火災・盗難を180日間年間50万円まで補償

・国内旅行保険:付帯なし

・海外旅行保険:付帯なし

 

イオンカードセレクトのメリット

・キャッシュカードとクレジットカード・電子マネーWAONが1枚のカードで使える。

・電子マネーWAONにオートチャージ設定すれば、チャージ200円ごとに1WAONポイント。

・イオン系列対象店舗で電子マネーWAONで支払うと200円毎に2WAONポイント。

・つまり、イオン系列対象店舗でのお買い物200円ごとに実質3WAONポイントで還元率1.5%。

・さらに、イオン系列対象店舗で毎月20日と30日はお買い物代金から5%オフ。

・さらに、イオン系列対象店舗で毎月10日は200円毎に2.5WAONポイント。

・さらに、特定の商品にボーナスポイントが設定されており、特別加算ポイントがもらえる。

・さらに、イオンシネマが常に300円割引&毎月20日と30日は700円割引で見れる。

 

イオンカードセレクトのデメリット

・イオン系列対象店舗以外では還元率0.5%、イオン系列対象店舗以外は別のカードがおすすめ。

・イオン銀行を開設する必要があり、申し込みに手間が掛かる。

・家族カードは、WAONオートチャージでのポイント付与対象外。

 

イオンカードセレクトのまとめ

まさに、イオン系列対象店舗で最大限お得にお買い物するためのカードがイオンカードセレクト。

普段、食品などの買い物がイオン系列店の方は「持っていないと損」なカードです。

特に毎月20日・30日は、5%オフに加えてポイントももらえ、還元率は5%以上と驚異的。

イオン銀行の口座開設が手間ですが、イオン銀行は金利やATM手数料などお得なメリットがあります。

他にも書ききれないぐらいの特典が用意されています。

 

カード発行の申し込みは下記の公式リンクより可能。今ならお得なポイントプレゼントもあります。

<カード発行手数料・年会費無料>

 

イオンカードセレクトについて詳しくは書いた記事はこちら。

 

三井住友カード(NL)ナンバーレスの基本情報

三井住友カード(NL)ナンバーレス

・発行手数料:無料で作れる

・年会費:永年無料で安心して持っていられる

・申し込み対象:高校生を除く18歳以上

・国際ブランド:VISA・MasterCard

・カード利用金額に応じて通常200円ごとにVポイントが1ポイント貯まる

・基本還元率:0.5%(1ポイント=1円相当)

・貯まったポイントは様々な商品や他社ポイントと交換など多彩な使い方がある

・ポイント有効期限:2年

・家族カード:発行手数料&年会費無料で3枚まで発行できる

・ETCカード:発行手数料&年会費無料で1枚発行できる

・決済方法:クレジット決済、iD、各国際ブランドのタッチ決済など

・ショッピング保険:付帯なし

・国内旅行保険:付帯なし

・海外旅行保険:無料で傷害保険最高2,000万円が利用付帯

 

三井住友カード(NL)ナンバーレスのメリット

 

・下記の対象店舗で使うと、200円ごとに5ポイント(還元率2.5%)もらえる。

対象店舗:セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、マクドナルド

・下記の対象店舗でタッチ決済すれば、200円ごとに10ポイント(還元率5%)もらえる。

対象店舗:セブンイレブン、ローソン、マクドナルド

・上記対象店舗以外でも、よく使うお店を登録しておけばポイントが加算される。

基本は200円ごとに1ポイント、登録したお店では200円ごとに2ポイント(還元率1%)

・カード番号、有効期限、セキュリティーコードの表示を無くしたデザインで安心・安全。

 

三井住友カード(NL)ナンバーレスのデメリット

 

・基本の還元率は0.5%、コンビニやマクドナルド以外では別カードがよい。

・ショッピング補償がついていない。

・iDを使いたい場合は別にiD専用カードを発行する必要がある。

 

三井住友カード(NL)ナンバーレスのまとめ

三井住友カード(NL)ナンバーレスは発行手数料・年会費も掛からず、持っていて損はないカード。

むしろ、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートをよく使う方は持っていないと損。

加えてマクドナルドもお得に使えて、タッチ決済・ナンバーレスなど最新式のカードです。

普段のメインカードにはなりにくいが、特にコンビニをよく使う方には絶対オススメのカード。

スマホを使った決済にも対応しており、便利に使いたい方は詳しく書いた記事も読んで下さい。

 

カード発行の申し込みは下記の公式リンクより可能。今ならお得なポイントプレゼントもあります。

<カード発行手数料・年会費無料>

 

三井住友カード(NL)ナンバーレスについて詳しく書いた記事はこちら。

 

エポスカードの基本情報

エポスカード

・発行手数料:無料で作れる

・年会費:永年無料で安心して持っていられる

・申し込み対象:高校生を除く18歳以上

・国際ブランド:VISA

・カード利用金額に応じて通常200円ごとにエポスポイントが1ポイント貯まる

・基本還元率:0.5%(1ポイント=1円相当)

・貯まったポイントは様々な商品や他社ポイントと交換など多彩な使い方がある

・ポイント有効期限:2年で延長申請もできる

・家族カード:発行できない

・ETCカード:発行手数料&年会費無料で1枚発行できる

・決済方法:クレジット決済、VISAタッチ決済(2021/4/15~)など

・ショッピング保険:年1000円の追加サービスに申し込めば補償あり

・国内旅行保険:付帯なし

・海外旅行保険:無料で傷害保険最高500万円が自動付帯

 

エポスカードのメリット

 

・年に4回マルイで10%オフ

・10,000店舗以上で割引やサービスなどの優待を受けられる

・持っているだけで海外旅行補償がついてくる

・家賃の支払いに使える

・エポスVisaプリペイドカードにチャージでダブルにお得

・カード紛失盗難時61日前にさかのぼり、それ以降の不正使用による損害を全額補償

・カード利用状況次第ではエポスゴールドカードが年会費無料で持てる

 

エポスカードのデメリット

 

・基本還元率が0.5%

・家族カードが発行できない

・カードのステータスは高くない

 

エポスカードのまとめ

エポスカードは年会費も掛からず、持っていて損はないカード。

普段のメインカードにはなりにくいが、特にマルイをよく使う方には絶対おすすめ。

さらに、海外旅行の補償が持っているだけでついてきたり、いろいろなお店などで優待を受けられます。

年会費無料でゴールドカードを持てる招待が届けば、メインカードとしても十分お得なメリットがある。

学生や主婦の方なども持ちやすく、デメリットも少ない人気のカードです。

 

カード発行の申し込みは下記の公式リンクより可能。今ならお得なポイントプレゼントもあります。

<カード発行手数料・年会費無料>

 

エポスカードについて詳しく書いた記事はこちら。

 

クレジットカードに関するQ&A

クレジットカードに関するQ&A

「なんとなく不安」「難しそう」といった理由でお得な生活に踏み出せていない方もいると思います。

逆に、クレジットカードに関することを何でも詳しく知って使っている方の方が少数派。

なので、クレジットカードに関する疑問や不安をQ&A形式で書いていきます。

既にクレジットカードを持っていて、新しカードを検討している方にも役立つ内容もあるかと思います。

Q:初心者におすすめなクレジットカードはどんなカード?

クレジットカードを初めてつくる・使ったことがない方に、選び方のポイントを書きます。

年会費無料のカードがおすすめ

よく分からないうちは、少しずつ確認しながら使ってみることが大事になります。

そんな段階で、高い年会費がとられるカードはおすすめできません。

ショッピングや国内外旅行の補償よりも還元率の高いカードがおすすめ

ショッピングや旅行などの補償が手厚いカードは良いのですが、理解して使いこなすのが少し難しいです。

また、そういったカードは年会費も高くなりがちです。

まずは、還元率の高いカードでクレジットカードのメリットを感じてみるのが大事です。

Q:クレジットカードを作るのにお金は掛かりますか?

クレジットカードを作るのに事務手数料などは必要ありません。

カード発行手数料も、多くのカードは無料で発行できます。

ただし、年会費の掛かるカードがあるので、その点は注意して下さい。

発行手数料と年会費が無料のカードを選べば、お金は掛からず安心してクレジットカードを作れます。

Q:クレジットカードの作り方は?

クレジットカードの作り方で多いのは次の3つのような作り方です。

1.普段のお買い物の際に進められて作った。

2.特設会場などで特典などを進められて作った。

3.何かのきっかけでweb申し込みで作った。

2は、そのタイミングに出会わないと作れません。

また、1はカードを作る際のお得なキャンペーンを逃している可能性があります。

おすすめは3で、webからの申し込みは、お得な特典がついている場合が多くあります。

進められるままでなく、自分にあったクレジットカードをゆっくり納得して決めやすいのも3です。

Q:クレジットカードの国際ブランドはどれを選んだらいいの?

最初の一枚に選ぶべき国際ブランドはVISAかMasterCardがおすすめ。

例えば、VISAカードは国際ブランドでシェア1位です。

私自身、クレジットカードが使える店でVISAが使えない店に出会ったことはありません。

しかし、クレジットカードは使えるけどJCBは使えない店が実際に何店かありました。

Q:ETCカードや家族カードなど追加カードってなに?

クレジットカードを作ると、多くのカードが追加カードを作ることができます。

その代表的なものがETCカードや家族カードになります。

ETCカードは高速道路で使う便利なカードで、多くの方が知っていると思いますが、家族カードも便利。

例えば、ご主人が審査を受けてクレジットカード発行していれば、家族の方用にカードを追加発行できます。

家族の方は審査を受けることなく、追加されたクレジットカードを使うことができます。

ただし、カードを追加すると年会費が掛かる場合もあるので、事前に調べておくと良いです。

Q:だれでも作れるの?

誰でもどんなカードでも作れるわけではなく、クレジットカードを申し込むと審査が行われます。

申し込むクレジットカードによって審査基準が違い、審査結果も合格か不合格かの2択ではありません。

申し込む人の環境次第で、使える上限額やキャッシング枠に違いがでたりする場合もあります。

例えばほんの一例ですが、次のような方も審査に通ったりします。

・専業主婦の方でも配偶者に安定した収入がある

・学生向けカードで無職の大学生

・安定した仕事についていなくても十分な資産がある

また、申し込み方もポイントになったりします。

・クレジットカードのキャッシング枠を0にする

・一気に複数のカードを申し込まない

ただし、次のようなことには気を付けて下さい。

・高校生を除く満18歳以上というのが最低条件になっている場合が多い

・申し込み時にウソの記載をする

審査が合格するか悩みすぎるのではなく、申し込んでみることも大事です。

Q:クレジットカードを一気にたくさん申し込んで大丈夫?

気になるクレジットカードがたくさん見つかった場合でも、一気に複数申し込むのはやめましょう。

住宅ローンを検討した事のある方は知っている方も多いと思いますが、私たち個人に信用情報があります。

例えば、クレジットカード引き落としやローン支払いを滞納なく支払っているかなどは記録されています。

また、キャッシング枠を設定していると、信用情報的にはその分借金している人といった感じになります。

クレジットカードを一気に複数申し込むのも信用情報的に印象がよくありません。

Q:誰でも間違いなく最高にお得な1枚はないのか?

簡単に言ってしまうと、ありません。

普段どの店で買い物をするのか、旅行に頻繁にいくのか、年収やお金の使い方など人によって違います。

なので、あなたの生活圏などに合ったカードを選ばないと、あまりお得でなくなってしまいます。

ぜひ、あなたに合った最高にお得なカードを見つけて下さい。

Q:クレジットカードは何枚ぐらい持っておけばよい?

全ての人が何枚もっているのがベストといった回答はありません。

あなたが管理できる枚数以内で考えて下さい。

例えば、何枚も持っていて、気付かないうちに獲得したポイントの期限が切れていたら意味がありません。

その意味でもクレジットカードを複数一気に申し込むのは良くないですね。

Q:クレジットカードのキャッシングって便利なの?

キャッシング(お金を借り入れる機能)の使い方について、ひとつだけアドバイスします。

貯金も含めて、お金がないからキャッシングするという行為はやめましょう。

貯金に余裕あるけど、今手元に現金がないからキャッシングでチャンスを逃さないなら有効な使い方です。

あくまでも、キャッシングすると利息も含めて借りた分以上に返済することを頭に入れておいて下さい。

Q:リボ払いっておすすめ?

リボ払いすると手数料が上乗せされた金額を支払う必要があります。

あくまでも、貯金や給料などを考えて、返済に困るような買い物をしないことが大切です。

Q:クレジットカードの支払いを滞納したらどうなる?

滞納の具合によりますが、利用停止・督促・強制解約・ブラックリスト入り・差し押さえなど発生します。

クレジットカードを使うと、お金を使った感覚・お金が減っていく感覚が鈍ってしまいがちです。

無理のない計画的な使い方を決めて、クレジットカードのメリットを使い倒しましょう。

Q:クレジットカードの不正利用を防ぐには&トラブルがあったら

・怪しげなサイトでカード情報の登録やカード決済をしない。

・不信なメールは開かない。

・カードの紛失・盗難に合わないようにする。

・毎月の利用明細に目を通す。

気を付けることはたくさんありますが、最低限気を付けておきたいことを書きました。

併せて、いざという時の為にカード会社の問い合わせ先を知っておいて下さい。

Q&Aのまとめ

選び方から作り方・使い方やトラブル防止など、ある程度順番に沿ってQ&Aを聞きました。

それぞれの項目を詳しく書けば長くなってしまうので、分かりやすくポイントだけ書いたつもりです。

気を付けるポイントや、安心できる損しない使い方を心掛けておけば大丈夫です。

実際にカードを作ってみて、高額でない物の購入などに使い、少しずつ慣れていけばOKです。

まとめ

クレジットカードのまとめ

おすすめのクレジットカードとQ&Aを紹介してきました。

この記事で紹介したクレジットカードだけでも特徴は様々、「全ての人がこれを選べばよい」はありません。

今回の内容を参考に、あなたにとって最適なクレジットカード選んで下さい。

選び方のポイントは、あなたの生活圏にあったメリットをもっているカードを選ぶことです。

また、お買い物などの際にメインとなるカードとプラス1・2枚の組み合わせが良い場合もあります。

クレジットカードのメリットを活用し倒して、お得で便利な生活を満喫して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました